借り換えによるローンの一本化について

ローン

借り換えによる複数ローンの一本化

複数のローンを抱えている方には、借り換えによるローンの一本化を検討することをおすすめします。

 

返済額が少ない場合や、返済期間がそれほど残っていない場合にはローンを一本化するメリットはないです。
一本化する為に掛かる手間や手数料などを考慮すると、むしろ一本化せずにそのまま返済を続けた方がいいです。

ただ、ローン残債や返済期間がまだまだ残っている場合には、トータルの返済額を減らすこともできます。
もちろん、適当に金融機関を選んで借り換えを行うのではなく、より金利の低い金融機関への借り換えが必要になります。

ただし、注意点もあり、複数ローンの一本化になるので、金融機関からの借り入れ額も大きくなります。
そうなると、返済期間が長くなり、金利の支払い回数が多くなり、結果的に返済総額が大きくなってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、月々の返済額を低く設定しすぎないことも大切です。
月々の返済額をある程度高く設定しておくと、返済回数も減らすことができます。

この辺は収入とのバランスも考えながら決定することも大切ですね。

因みに、借り入れ額が大きくなると、希望の金融機関からの借り入れの審査に通らない可能性もあるので、その点も気を付けておく必要があります。

上手くローンの一本化に成功すれば、金銭的にも楽になりますし、毎月の返済管理も楽になるので、精神的にも余裕ができます。

もし、ローンの一本化に挑戦される場合には、大手金融機関が提供している「おまとめローンサービス」もおすすめです。

例えば、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のような銀行系のサービスやプロミス、オリックスのような消費者金融系のサービスが有名です。
もちろん、このような大手金融機関以外の選択肢もあります。

が、必ずインターネットなどを利用して評判や借り入れの詳細な情報などをチェックして下さい。

その上で安心できるローン会社から借り入れを行うことをおすすめします。

自動車ローンとは

自動車ローン

自動車ローンとは

「自動車ローン」というものをご存じでしょうか?

オートローン」や「カーローン」などとも呼ばれますが、自動車に関するローンの事を言います。

一般的には、新車を購入する際に利用することが多いローンですが、
中古車の購入や運転免許取得、車検費用、自動車の修理などでも利用できるローンもあります。

最近は「自動車ローン」の種類も増えて、信販系や銀行系、消費者金融系、損害保険系などがあり、それぞれに特徴があります。
また、金融会社によっても特徴があり、金利も各社異なります。

その為、自動車ディーラー任せにするのではなく、自分で金利の安い「自動車ローン」を選んで利用される方も多くなっています。
実際、自動車ディーラーに勧められるままに「自動車ローン」を組むと金利が高くなることもあるので、自分自身で選んだ方がいいです。

 

「自動車ローン」は、一般的なローンと比べると、自動車に関連に限定されているために金利が安い傾向があるのも特徴です。
それに、ローンで購入する自動車自体が担保になることも、金利が安くなる理由です。

 

自動車ローンの金利タイプ

「自動車ローン」の金利には、「固定金利型」と「変動金利型」があります。

「固定金利型」というのは、ローンを完済するまで金利が変わらないタイプのモノです。
金利が変わらないので返済計画を立てやすいというメリットがありますが、一方で、市場金利が下がっても最初に設定した金利のまま払い続けないといけないというデメリットもあります。

「変動金利型」は、一般的には半年毎に金利が見直されるタイプで、市場の動向に左右されます。
その為、「変動金利型」は、市場の状況により「固定金利型」よりも高くなる可能性もあれば、低くなる可能性もあります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらのタイプの金利を選ぶかが重要になります。
ただ、市場金利は景気により影響するので、はっきりと言って予測がとても難しいです。

米サブプライム住宅ローン問題のような問題がいつ発生するかなんてわからないですしね。。。

私であれば、市場の景気を読むよりも、借入期間が長ければ「固定金利型」、借入期間が短ければ「変動金利型」にして出来る限りリスクを避けるような借り方をすると思いますが。

 

もし、こういったリスクを避けたければ、最近はカーリースというサービスも充実してきていますし、使用頻度が低ければレンタカーを借りという手もあります。
今の時代は、自動車を所有しないという選択肢もありだとは思います。