クレジットカードの申請方法について

複数のクレジットカード

クレジットカードを発行するには、まずカード会社に発行の為の申請を行います。

申請後、必ずカード会社により審査が行われますが、その審査に通ればクレジットカードが発行されることになります。

 

申請方法は様々ですが、一番簡単なのはインターネットを利用した方法です。
最近ではインターネット上の環境も整備されていて、申請の為の専用のWEBページを設けているカード会社もあります。

ただ、WEBページからの申請の場合、必要な書類も全てインターネット上からの提出になります。

例えば、本人確認書類だと運転免許証やパスポートの写真を撮って、WEBページ上からアップロードすることになります。
PCやスマホの操作に不慣れな人だと、少しハードルが高くなりますね。

 

また、百貨店であれば、店舗の中に専用のコーナーが設けられていることが多いです。

その為、ショッピングのついでに申請を行うことも出来ます。

 

商品を購入する際に一緒に申請することもできます。
例えば、精算時にレジでクレジットカード機能付きのカードの発行を勧められたことがある方も多いと思います。

その場で申請の手続きなどを行うのでレジで少し時間が掛かりますが、スタッフの方がいろいろと説明してくれるので、初めての方でも安心して申請できます。

 

信販会社が発行するクレジットカードであれば、店舗にまで行って窓口で申請することになります。

銀行が発行するクレジットカードであれば、口座を開設する際に同時に申請することもできます。

 

因みに、クレジットカードの申請に必要となるのは、「本人確認書類」と「銀行口座」になります。
「銀行口座」はクレジットカードでの利用料金を引き落とす際に利用されるので、申請時には必ず必要になります。

申請後に審査に通ればやっとクレジットカードを受け取ることが出来ます。

カード会社によっては申請状況をWEB上から確認できる場合もあります。
気になる場合には、そちらから状況を確認してみるのもいいでしょう。